次男の扱い よしの徒然なるままに 「改訂版徒然日記」

次男の扱いで育った管理人よしが、次男目線で日々の出来事から気になることを書いていく日記です。

*

鈴木明子は歯を矯正で治した理由は摂食障害?実家は和乃家で金持ち!

   

Pocket

今後の活躍にも期待です。

スポンサーリンク

鈴木明子ってどんな人?

鈴木明子さんは愛知県出身の元フィギュアスケート選手です。

1985年3月28日生まれの、現在30歳ですね。

 

6歳のころスケートを始めたそうで、名古屋の荻野正子さんの指導のもとノービス時代から頭角を現したと言われています。

小学6年になると、ジャンプの指導に定評がある長久保裕さんが仙台市のリンクで開催していた1週間の夏合宿に初めて参加しています。

この夏合宿には、中学校に上がってからもほぼ毎年参加したそうです。

 

2003年に東北福祉大学へ進学し、コーチの自宅に下宿して指導を受けるようになっています。

しかし、初めて親元を離れるなどの環境の変化から引き起こされた摂食障害により健康を害してしまい、競技会に出られない日々が続いてしまいます。

大学卒業後の2007年4月からは長久保コーチのいる名古屋の邦和スポーツランドに拠点を移し、同施設を運営している会社の契約社員になっています。

 

24歳で迎えた2009-2010シーズンには中国杯でGPシリーズ初優勝します。

そして初出場のGPファイナルでは3位に入り、全日本選手権では優勝した浅田真央さんに続いて2位となりバンクーバーオリンピック代表選出を果たしています。

2010年2月のバンクーバーオリンピックでは、SPでミスが出て11位の発進でしたがフリースケーティングでは7位となり総合で8位入賞を果たしています。

 

2012年3月の世界選手権は総合3位に入り銅メダルを獲得しています。

なお27歳で世界選手権のメダル獲得は、日本選手では鈴木明子さんが最年長となるそうですよ。

 

2014年3月に行われた世界選手権では総合6位でしたが、29歳での世界選手権入賞は日本人最年長記録となりました。

この大会を最後にフィギュアスケート競技生活からの現役引退を発表しています。

引退後の現在は振付師として活動していますね。

 

全日本選手権で初めて表彰台に登り、冬季オリンピック初出場が24歳でした。

また全日本選手権初優勝と冬季五輪二度目の出場が28歳と、20代半ばに入った頃から顕著な成績を残していますね。

日本代表の女子フィギュアスケート選手としては類い稀の非常な遅咲きの選手であったと言えそうです。

摂食障害って本当?歯を矯正で治した!

鈴木明子さんは大学へ進学してから摂食障害を引き起こしていますね。

2003年の大学1年生の時のことだそうで、48kgあった体重は32kgにまで減ってしまったそうです。

摂食障害の原因ですが、見られるスポーツであったため体型を気にしすぎてしまったなどがあるようですが、最も大きな原因として母親との関係を明かしていましたね。

 

鈴木明子さんの母はなんでも出来る人なんだそうで、「出来て当然」と思っていたところがありそれが無言のプレッシャーだったそうです。

病気になってからも、母は食べるという当たり前のことができない娘を受け入れることが出来なかったそうです。

しかし「食べなきゃダメ」という母の言葉が「お豆腐が食べられるなら、お鍋に入れてみようか。食べられるものから食べようね」に変わったそうです。

この時やっと母にわかってもらえたと思い、気持ちが軽くなったようですよ。

 

食べられないのに無理やり食べていたようで、それが原因で嘔吐してしまっていたようです。

鈴木明子さんの摂食障害は拒食症と言えそうです。

それが原因で歯が溶けてしまったようで、特徴的な歯をしていましたね。

本人も気にしてか、笑顔の際に歯を気にしたような笑い方をするのが印象的でした。

 

しかし最近は歯が綺麗になったのではないかと言われていますね。

大人になってからの矯正は大変なようで、スペースを作るために歯を抜くこともあるようです。

なんでも治療完了までには2~3年もかかるそうです。

見た目がきれいになるのはもっと早いそうですが、歯は噛み合わせが大切なため微調整に時間がかかるそうですよ。

 

歯を矯正していることは明言していませんが、現役時代には海外遠征なども多く時間が作れなかったので、現役引退後に矯正で治療しているのかもしれません。

時間とお金がかなりかかるようですので、じっくりと治療して綺麗になると良いですよね。

スポンサーリンク

実家は和乃家で金持ちって本当?

鈴木明子さんの実家は父親が経営する割烹料理店「和乃家」ですね。

昭和51年6月に開店し、現在は豊橋市内に2店舗あるそうです。

店内には鈴木明子さんの写真がたくさん飾ってあります。

 

この和乃家というお店ですが新鮮な魚料理が売りだそうで、すっぽん料理も取り扱っているそうです。

しかし、希望があれば洋食も用意出来るそうですのでかなりお父さんは器用なんでしょうね。

食べログなどの口コミサイトを見ても評価は割と高いですので、結構繁盛しているのではないでしょうか。

但し平均予算は7000円程度と、高級な部類に入る料理店ですね。

 

高級料理店ですので利益率も高い場合が多く、また利益率が同じでも金額は大きいのでかなり稼いでいるのではないかと思います。

もちろん鈴木明子さんのお父さんの努力や腕のおかげなんですが、フィギュアスケートを幼少期から習わせるためにはかなりの金額がかかると言われていますからね。

お店も2店舗ありますし、スケートを習っていたことから鈴木明子さんの実家は一般的には金持ちと言って良いと思います。

ちなみに本店にはお父さんが、もう1店舗の方はお母さんが店主をしているようです。

まとめ

鈴木明子さんは大学入学後に摂食障害になっています。

それが原因で歯が溶けてしまったのではないかと思われます。

公表はしていないようですが、歯を矯正して治しているようですね。

 

実家は愛知県豊橋市にある割烹料理店「和乃家」です。

市内に2店舗あり、幼少期からフィギュアスケートを習わせられたことから実家は金持ちと言えそうです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 芸能