次男の扱い よしの徒然なるままに 「改訂版徒然日記」

次男の扱いで育った管理人よしが、次男目線で日々の出来事から気になることを書いていく日記です。

*

室井佑月の息子の受験結果!ラサールではなく愛光学園に合格?

      2018/02/04

Pocket

ラ・サールも愛光もかなり名門校ですよね。

スポンサーリンク

室井佑月ってどんな人?

室井佑月さんは青森県出身の小説家、随筆家、タレントです。

1970年2月27日生まれの、現在45歳ですね。

 

ミス栃木、ミス公園通り、雑誌モデル、レースクイーン、女優、高級クラブホステスなど様々な経歴を持っていますね。

小説、エッセイを多数発表している他、テレビ・ラジオのコメンテーター等も行っています。

 

既婚者であった作家の高橋源一郎さんと交際し1999年に入籍するが、2001年に離婚しています。

高橋源一郎さんとの間には2000年に長男が生まれていますね。

離婚の原因は、高橋源一郎さんが複数の女性と不倫していたことだと語っています。

 

現在は数多くのテレビに出演しており、コメンテーターとしての活動が多いような気がします。

息子の受験結果はどうなった?

室井佑月さんの息子さんですが、2000年生まれですので現在は15歳ですね。

現在中学生でして、中学の受験が話題になった時がありました。

 

あくまでも噂ですが、第一志望が名門のラ・サール中学だったと言われています。(函館ラ・サールとの情報を頂きました!)

そして第二志望が愛光学園だと言われていますね。

 

中学の受験結果はと言いますと、第一志望は不合格だったそうですが第二志望に合格したと伝えられています。

第二志望と言っても愛光学園も名門校ですけどね。

スポンサーリンク

ラサールではなく愛光学園に合格!

愛光学園は偏差値が60以上の中高一貫学校でして、有名国公立大学を多数合格させている実績を持つエリート校ですね。

寮もあり、息子さんはそちらに入っていたようですが「成績不振」が理由で停寮となってしまった、なんて話もあるようです。

一部では「停学」とも言われていますが、「停寮」が正しいようです。

 

東大生の家庭教師をつけて受験勉強に励んでいたと言われていますね。

とは言え、子育て方針は「子供にプレッシャーをかけない」だそうですので、我が子が壁にぶち当たった時の言葉は「まぁ、しゃーねーな」だそうです。

きっと第一志望校に落ちたときにもこの言葉をかけたのでしょうね。

 

あんまり親が必死すぎてもプレッシャーになるんじゃないかと発言しており、本人は一生懸命頑張ってるんだから「もうちょっと頑張ればよかったね」なんてことはとても言えないとも言っていますね。

確かに「勉強しなさい」は逆効果といった意見もよく聞きますね。

必死に受験勉強して、第二志望とは言え名門校である愛光学園に合格したことで目標を1つ達成して、少し気が抜けて成績が落ちて停寮だったのかもしれませんね。

 

とは言えやはり気が抜けすぎてしまっては困ると、塾の短期集中講座に通わせてみっちりと勉強し直したそうですね。

自分で稼げる力が大事であって、どこの学校に行くかは大事ではないと発言していますが、やはり選択肢を広く大きくとるためにも現在の日本では学歴が必要だったりしますね。

まとめ

室井佑月さんの息子さんは中学受験をしています。

受験結果は第一志望校が不合格で、第二志望校が合格と言われています。

 

受験した学校は第一志望校が函館ラ・サール中学で、第二志望校が愛光学園と言われています。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 芸能