次男の扱い よしの徒然なるままに 「改訂版徒然日記」

次男の扱いで育った管理人よしが、次男目線で日々の出来事から気になることを書いていく日記です。

*

大和田美帆の旦那は癒し系の顔!病気を乗り越え無事出産!

   

Pocket

出産おめでとうございます。

スポンサーリンク

大和田美帆ってどんな人?

大和田美帆さんは東京都出身の女優・タレントです。

1983年8月22日生まれの、現在32歳ですね。

 

父は俳優の大和田獏さんで、母は女優の岡江久美子さんです。

兄弟姉妹はおらず、一人っ子ですね。

伯父は俳優の大和田伸也さんで、その妻は五大路子さんです。

そして、従兄には俳優の大和田悠太さん、大和田健介さんがいます。

 

学歴は東洋英和女学院中学部・高等部、日本大学藝術学部映画学科卒業となっています。

高校在学中からミュージカルに傾倒しており、2003年の舞台「PURE LOVE」への出演で女優デビューしていますね。

 

2014年6月6日に高校時代からの友人だったという、同い年の一般男性と入籍・結婚しています。

2015年4月23日には妊娠5か月で秋ごろ出産予定であることをブログで発表し、9月13日に第1子となる女児を出産しています。

旦那は癒し系の顔?

大和田美帆さんは2014年6月6日に一般男性と結婚しています。

旦那となった方は高校時代の友人で、同じ塾に通っていたようですね。

実家で遊んだりすることもあったそうですが、友人関係が10年以上続いていたそうです。

その後地方に転勤していた旦那さんが、東京に戻ってきて2年ぶりに一緒に食事に行ったことがきっかけで交際をスタートさせたようですね。

 

大和田美帆さんいわく、ガッチリ体型の癒し系の顔だそうで毎日スーツで出かけていくサラリーマンだそうです。

父親である大和田獏さんも、高校時代に遊びにきていた男性を覚えていたようで「あの笑顔の良いあの子だよね」と言っていたようです。

母親の岡江久美子さんも「かわいい。息子みたい!何でも話しちゃう」とお気に入りだったようですよ。

 

よく喋る妻と聞き上手の夫、だそうで非常に良い関係ですね。

スポンサーリンク

病気を乗り越えての出産!

大和田美帆さんは多嚢胞性卵巣症候群と診断され子供が出来にくい体でしたが、このたび無事に女の子を出産しました。

妊娠を発表したのが2015年の4月ですが、この約2年程前に多嚢胞性卵巣症候群と診断されていたんだそうですね。

 

この多嚢胞性卵巣症候群というものですが、簡単に言いますと「卵子が大きく育たない為うまく排卵されない体質」ということのようです。

つまり一言で言ってしまうと「不妊体質」ということになります。

 

男性ホルモンの値が高いため、卵胞が発育の途中で成熟しきらずに排卵障害や無排卵を招くことで、不妊の原因になる症候群と言われています。

多くの場合は軽度だそうで、それほど深刻に考える必要はないと言われています。

しかし今回の大和田美帆さんのケースのように、妊娠するのは奇跡と言われるケースもあるようですね。

 

本人にとってもかなり重い出来事だったようで、診断された直後は何をしていても涙が出てくるといった状態だったそうですね。

ですが諦めずに妊活に励み、体に良いことを続けていた結果、医師が奇跡というほどの妊娠に成功したようです。

 

この病気に関してですが、現在は完治させる方法はないと言われています。

しかし対処療法は確立されているようで、正しく治療していけば80%以上の確率で妊娠が可能という事なんだそうですね。

 

ですので今回の妊娠・出産に関しても、妊娠したことが奇跡というわけではなく対処療法を始めてから短い期間にも関わらず妊娠出来たということが奇跡のようです。

今後も正しく治療を続けていけば、第二子妊娠なんてニュースが聞けるかもしれませんね。

まとめ

大和田美帆さんは2014年6月6日に一般男性と結婚しています。

旦那さんはガッチリ体型で癒し系の顔だそうで、ガタイは良いものの優しい感じの方が想像できますね。

 

大和田美帆さんは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、一言で言うと妊娠しづらい体質でした。

しかし、治療の成果か2015年の4月に妊娠を発表し、9月13日に女の子を出産しています。

スポンサーリンク

 - 芸能