次男の扱い よしの徒然なるままに 「改訂版徒然日記」

次男の扱いで育った管理人よしが、次男目線で日々の出来事から気になることを書いていく日記です。

*

中田大輔が桜美林の非常勤講師に!ひき逃げとストーカー被害に関して!

      2016/10/07

Pocket

プロトランポリン選手。

スポンサーリンク

中田大輔ってどんな人?

中田大輔さんは石川県出身のプロトランポリン競技選手です。

1974年3月2日生まれの、現在41歳ですね。

 

トランポリンを始めたのは3歳のころでして、指導者だった父の影響だったそうですね。

地元の中学校を卒業後に単身で上京し、一人暮らしをしながら東京都大田区の私立日体荏原高等学校に通っていたそうです。

高校時代には全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場し、1年生と3年生の時に個人の部で優勝しています。

また、3年生のときに参加した第28回全日本トランポリン競技選手権大会では、Aクラス個人の部で準優勝という結果を残していますね。

 

高校卒業後は日本体育大学に進学しています。

大学時代には全日本学生トランポリン競技選手権大会、全日本トランポリン競技選手権大会で優勝をかさね、世界トランポリン競技選

手権やワールドゲームズなどの国際大会にも日本代表として出場しています。

 

卒業後は世田谷区役所で社会教育指導員として勤務しながら現役を続行しています。

1997年9月にトランポリン競技が2000年のシドニーオリンピックから正式種目になることが決定すると、翌1998年1月には金沢学院北國クラブに移籍しています。

同時に金沢学院大学で職員として勤務していますね。

 

シドニーオリンピック本戦では、現地での事前練習で約6メートルの高さから落下し、本番は強行出場したものの予選最下位の12位に終わっています。

しかし、1ヵ月後に行われた全日本トランポリン選手権には傷の完治しないまま出場ではあったものの史上初の6連覇を達成しています。

2001年3月にはトランポリンチーム「Style Sports club」を設立し、プロ選手としてのスタートを切っています。

 

同じく2001年には、映画「RED SHADOW 赤影」に出演し俳優としての活動を行っています。

2001年から2002年にはユニクロのCMに出演し、2003年には「マッスルミュージカル」のメンバーとなるなど、芸能界での活躍も行っていますね。

桜美林の非常勤講師なの?

中田大輔さんは大学を卒業後には世田谷区役所で働きながら競技を続けていましたね。

遠征費用を捻出するために、区役所勤務の他にガソリンスタンドで夜間働いていたそうです。

区役所の仕事が終わってからトランポリンの練習を行い、その後夜はガソリンスタンドで働いていたわけですから本当に大変ですよね。

 

シドニーオリンピックの後は、2000年の世界ランキングを決める「ワールドカップファイナル」に出場しています。

しかしこのころは無職で、所属クラブもなく練習不足の状態だったそうですね。

 

認知度があまり高くないと言うか、人気度があまり高くない競技ですと世界トップレベルだとしてもそれだけでは生活できないですね。

トランポリンの他にも、同様の競技はたくさんありますね。

そのため、中田大輔さんも区役所で働いていたこともありますし、金沢学院大学で職員として勤務していたこともあります。

 

その後はトランポリンチームを設立しプロ選手として活動をしていますが、やはりそれだけでは生活出来るような競技環境ではないのか、他の仕事もされているようです。

現在は日本体育大学、慶應義塾高校、桜美林大学、桜美林幼稚園で非常勤講師として活動しているようですよ。

スポンサーリンク

ひき逃げとストーカー被害に関して!

中田大輔さんは2004年5月に川崎市内でひき逃げ事故にあっていますね。

オートバイに乗って帰宅途中に後方からワゴン車に接触され、中心性頸髄(けいずい)損傷で全治3カ月の重傷を負うというものだったようです。

しかしながら、驚異的な回復力を見せて舞台に復活しています。

 

なんでも中田大輔さんがオートバイで走行中に車線変更をしたようですが、それが気に障ったようで「停止させて因縁をつけようとした」んだそうですね。

もしかしたら、多少強引な車線変更でワゴン車の前に割り込んだのかもしれません。

そして、左折しようと減速した中田大輔さんに後ろから衝突しそのまま逃げたようですね。

 

この犯人は逮捕されており危険運転致死傷罪により懲役3年の実刑判決が出ていますが、公判では「転倒して、ざまぁみろと思った」なんて言葉を発していましたね。

また、犯人は任意保険にも加入していなかったそうで金銭的賠償がどうなったのかはわかりません。

 

日本は被害者に厳しく加害者に甘い印象で、このような任意保険に加入していなかったケースですと民事訴訟を起こさない限り、怪我についての部分にのみ自賠責から支払われるだけですね。

仮に民事訴訟を起こし、裁判に勝ったとしても相手に支払い能力がなければ泣き寝入り、ということにもなりかねないのが現状です。

支払い能力がなくても払わなくていいわけではないですので、犯人が人並の生活を送れるかというとまた疑問ではありますが、夜逃げのように逃げたまま払わないといったケースは多々あるようですね。

 

さて、中田大輔さんには他にも災難がありまして、それはストーカー被害ですね。

2007年11月に熱狂的な女性ファンが、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されています。

なんでも8年間にわたり3000通のメールを送っていたそうで、多い時には1日に100通ものメールを送っていたそうですよ。

 

他にも「アイコンタクトしたいから」と試合会場にも通っていたようで、ジャンプの頂点となる8メートルほどの席を確保していたとされています。

更には先ほど紹介したひき逃げ事件の被害にあい入院している際にも、面会謝絶をくぐりぬけ「守れるのは私しかいない」と病室で寝ていた中田大輔さんの手を握っていた言われています。

試合会場に通っていたと紹介していますが、それは国内だけに限らず海外にも通っていたようですね。

それだけなら熱心なファンで済むのですが、メールの件や病院に押しかけたりするのはストーカーですよね。

 

2005年8月に見かねたマネージャーが県警に相談しており、警察が口頭で注意したようです。

しかしその後も大会会場に押しかけ、中田大輔さんと親密な関係と大会関係者にいいふらすなどを行っていたようで2007年にやっと逮捕されていますね。

とは言えかなり迷惑行為ではありますが、法的には重大な犯罪を犯したわけでもなく刑は軽いと思われます。

ストーカーは行き過ぎると殺人事件などにも発展しますので、今後も注意して頂きたいですね。

まとめ

中田大輔さんは桜美林大学、桜美林幼稚園の非常勤講師ですね。

他にも日本体育大学、慶応義塾高校で非常勤講師をされています。

 

2004年5月にひき逃げにあっており、全治3か月という重症を負っていますね。

2007年11月には中田大輔さんに対し8年間にも渡るストーカー行為で、熱狂的な女性ファンが逮捕されています。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

 - スポーツ