次男の扱い よしの徒然なるままに 「改訂版徒然日記」

次男の扱いで育った管理人よしが、次男目線で日々の出来事から気になることを書いていく日記です。

*

吉井和哉ドラゴンボール新曲の発売日は?4人の子供の名前は?

   

Pocket

配信は7月に開始されましたね。

スポンサーリンク

吉井和哉ってどんな人?

吉井和哉さんは東京都出身で静岡育ちのミュージシャンですね。

1988年にTHE YELLOW MONKEYを結成、2003年にはYOSHII LOVINSONとしてソロデビューします。

2004年にTHE YELLOW MONKEYを解散し、2006年には吉井和哉に名義を変更します。

THE YELLOW MONKEY時代

1988年にTHE YELLOW MONKEYを結成し、ボーカルとして活動していました。

ほとんどの楽曲の作詞・作曲は吉井和哉さんが行っており、プロデュースも自身で行っていましたね。

 

結成当初は吉井和哉さんはベースを担当していましたが、かなりコアなファンでないと知らないような事実です。

その後ボーカルの脱退に伴い、ボーカルに転向します。

 

メジャーデビューは1992年のことで、当時はライブの動員数は軒並み増えていくのに音源(CD)の売上が変わらなかったと言います。

デビューから3年はこのような状態でしたが、路線を変更しオリコン1位を目標に楽曲作りを行ったと言います。

5thシングルとなる「Love Communication」は目論見通り自身初のオリコンシングルチャートTOP30入りを果たします。

同1995年に発売された4thアルバム「smile」はオリコンアルバムチャート初登場4位を記録し、この辺りからイエモンの知名度がグッと上がった気がします。

 

1997年からレコード会社を日本コロムビアからファンハウスに移籍し、この移籍後は独自のロック路線に変更となります。

次々とヒット曲を発売しながらも精力的なライブ活動を続け、4万人規模のスタジアムツアーを軒並みソールドアウトにするほどの人気がありましたね。

 

2000年頃からはメンバーがそれぞれ多忙ということもあり、微妙に温度差が生まれていたように感じます。

国内ロックフェスに参加した際の吉井さんはノーメイクでジャージ姿という異様とも言える姿での出演でした。

2001年には初の東京ドーム公演「メカラ ウロコ・8」を行うもメンバーは、ステージ裏で円陣を組んだり会話をしたりすることもなく淡々としていたと言われています。

 

そして2004年に解散し、それぞれがソロ活動の道へ向かうことになりました。

ソロ活動

2001年に「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2001」に出演していますね。

イエモンの休止期間からソロデビューまでの間の唯一のステージとなります。

2003年よりYOSHII LOVINSON名義にて活動を開始し、2005年のDream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2005にてYOSHII LOVINSON名義では最後の舞台となります。

2006年より吉井和哉に名義を変更し現在に至ります。

スポンサーリンク

結婚は?子供は?

1992年、当時25歳ですがメジャーデビューとほぼ同時期に結婚していますね。

奥様との間には子供が4人いまして、男の子が1人、女の子が3人と言われています。

名前や年齢は明らかになっていませんが、1番上の長女が1994年生まれと言われていますね。

結婚生活は10年ほどと言われ、色々な情報がありますが2008年頃には離婚されています。

 

結婚自体ここ最近までは公にされておらず、独身だと思っていた方も多いかと思います。

前妻である方は一般女性とも言われており、奥様と子供たちへのプライバシーの配慮だったのかもしれません。

 

離婚原因は吉井和哉さんの浮気とも言われていますが、詳細はわかりません。

ちなみに親権は4人とも別れた奥様が持たれています。

2012年には今の奥様である眞鍋かをりさんとの交際が報じられますが、その後一時期破局の報道もありましたね。

破局後ヨリを戻したのか交際は続いていたのかわかりませんが、今年2015年の6月に結婚の発表がありました。

眞鍋かをりさんは現在妊娠8か月だそうで10月に出産予定なんだそうです。

 

出来婚になりますがこれには理由があると言われ、前妻との間の子供である長女が今春に出産していたということです。

そのため、娘さんの体調や状況をしっかりと見極め配慮していたらこの時期まで発表が遅れたのではないかと言われているわけなんですね。

 

離婚してからの方が前妻との仲が良いらしく、子供たちの養育費を払うことはもちろん、わりと頻繁に子供たちにも会っていたようです。

そう考えると確かに、長女に配慮して発表が遅くなったというのはあり得そうですね。

しかし、5人目の子供と孫が同い年というのが凄いですね。

ドラゴンボール超のテーマ曲になったけど発売日は?

7月より放送が開始され話題となっている新しいドラゴンボール「ドラゴンボール超」ですが、これのオープニング曲が吉井和哉さんですね。

曲名は「超絶☆ダイナミック!」で、作詞は吉井さんではなく前作のオープニング「空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go」と同じく森雪之丞さんとのことです。

 

エンディング曲は「ハローハローハロー」で、こちらはグッドモーニングアメリカとなりますね。

「ドラゴンボール改(魔人ブウ編)」のエンディングテーマ「拝啓、ツラツストラ」に続き2回目ですね。

 

オープニング、エンディング共に8月以降に発売と言われていましたが…今のところ発売日は不明のままのようです。

しかし、ダウンロード配信は7月5日に開始されていますね。

まとめ

ドラゴンボール超のオープニングテーマ「超絶☆ダイナミック!」の発売日は不明。

ですが、配信はスタートしている状態です。

また前妻との子供4人の名前は不明ではあるものの、長女が今春出産しおじいちゃんになられました。

そして眞鍋かをりさんとの子が10月ごろに生まれる予定で、5人のお父さんになられます。

スポンサーリンク

 - 芸能