次男の扱い よしの徒然なるままに 「改訂版徒然日記」

次男の扱いで育った管理人よしが、次男目線で日々の出来事から気になることを書いていく日記です。

*

ラミレス離婚の原因は浮気?横浜DeNAの監督に就任!

   

Pocket

今後どうなるのか、期待ですね。

スポンサーリンク

ラミレスってどんな人?

アレックス・ラミレスさんはベネズエラ出身の元プロ野球選手です。

1974年10月3日生まれの、現在41歳ですね。

本名はアレキサンダー・ラモン・ラミレスさんです。

 

2001年にヤクルトスワローズに入団して以来、10年以上にわたってNPBの3球団で活躍しています。

2013年の横浜DeNAベイスターズ時代には、NPB通算2000本安打を達成したことで外国人枠適用経験選手では初めて名球会への入会を果たしています。

2014年にはKOYO開発都市開発の社長に就任するかたわら、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスで打撃コーチ兼外野手としてプレーしていますね。

 

2014年限りで現役を引退し、2015年からは群馬ダイヤモンドペガサスのシニアディレクターに就任しています。

さらに、2015年6月22日から9月30日までは、オリックス・バファローズの一・二軍巡回アドバイザーを兼務していましたね。

2016年より古巣である横浜DeNAベイスターズの監督に就任することが発表されています。

ラミレス離婚の原因は浮気?

ラミレスさんは1994年2月に14歳年上のエリザベスさんと結婚しています。

当時のラミレスさんはマイナーリーガーでして、月収はわずか数万円だったそうですね。

そのため、妻のエリザベスさんが馬車馬のごとく働き生活を支えたと言われています。

 

また、エリザベスさんは元ソフトボール選手だったこともあり嫁のエリザベスさんのアドバイスにより打撃が開眼したとも言われています。

日本行きを迷っていたラミレスさんの背中を押したのもエリザベスさんだったと言われています。

 

そのエリザベスさんですが2014年の11月に自身のフェイスブックにて離婚を報告しています。

フェイスブックによりますと2014年5月18日に家を出て行ったきり帰ってきていないそうですね。

その理由に関しては「5月に、私の今までの結婚生活が引っ繰り返り、心が粉々に砕け散った出来事が発覚しました」としています。

 

ラミレスさんは2014年と言えば、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに所属していた時期ですね。

この時は6月に「家族の病気療養に付き添うため」緊急帰国しています。

翌月には復帰したものの、9月4日に再び「家族の病気療養に付き添うため」急遽帰国していますね。

 

エリザベスさんのフェイスブックでは2014年の11月に離婚の報告がされたものの、この時点では正確にはまだ離婚協議中の段階であり2015年3月に正式に離婚が成立しています。

そして、ラミレスさんは2015年の4月23日に33歳の日本人女性、嶋津美保さんと再婚しています。

このように、離婚後すぐに再婚していることや「心が粉々に砕け散った出来事」とエリザベスさんが報告していることから、離婚原因はラミレスさんの浮気ではないかという噂がありますね。

結婚しているのですから、浮気というよりは不倫になりますね。

 

離婚調停ではヤクルトスワローズの選手だった2008年時代に、グリーニーという違法薬物を使っていたことが明らかにされています。

浮気の噂以外にも、この薬物問題が離婚の原因ではないかとする声もありますね。

 

浮気に関しても1番モテていたであろう現役選手時代にも浮いた話は聞かない人でしたし、家族思いおしどり夫婦として有名でしたから疑問ではあります。

しかし、長年生活していくうえで本人達にしかわからないような理由もあるのではないでしょうか。

 

そのほかには2013年2月に東京・西麻布にオープンさせたプエルトリコ料理のレストラン「ラミちゃんカフェ」が原因説もありますね。

このラミちゃんカフェですが、店名変更などを経て最終的に2014年9月に閉店しています。

ラミレスさんも群馬ダイヤモンドペガサスに入団した際の年収は500万円ほどと言われ、もっとも年棒が高かった巨人時代の5億円に比べると100分の1になっています。

お店も閉店となり金銭面の問題が離婚の原因とする意見もありますね。

スポンサーリンク

横浜DeNAの監督に就任!

ラミレスさんですが、来期2016年シーズンには横浜DeNAの監督に就任することが発表されています。

DeNAは今季最下位に終わった責任をとって、球団誕生から4年間指揮を執った中畑清監督が辞任しています。

後任探しの条件の1つに「横浜にゆかりのある人物」というものがあったようで、球団OBであるラミレスさんに白羽の矢がたったそうです。

 

ラミレスさんは今季途中からオリックスの巡回アドバイザーを務めていますね。

指導者としての実績は皆無と言えますので不安はありますが、話題性やキャラクター性の面では大成功と言えそうです。

 

しかしながら、ラミレスさんは現役時代から「相手を研究し準備する」を重要視していたとされていますね。

そのため、シーズン中は試合前に過去の試合のDVDを、試合後にはその日の自分の打席のDVDを観ることを日課にしていたそうです。

 

特に、過去のDVDを観る際は「得点圏にランナーがいるときのバッテリーの配球」に主眼を置くとのことです。

日本に来てからは、捕手が配球の主導権を握る日本野球のスタイルに合わせ「捕手を中心に研究する」ようになったとのことですね。

 

このように現役のころから相手選手に対して研究熱心だったようですので、意外と指導者としても成功するかもしれません。

成績はどうなるかわかりませんが、楽しい野球を見せてくれるような気がします。

まとめ

ラミレスさんは1994年2月に14歳年上のエリザベスさんと結婚しています。

2015年3月に離婚協議の末、離婚が成立しています。

2015年4月23日に33歳の日本人女性、嶋津美保さんと再婚しています。

 

離婚原因はラミレスさんの浮気説や薬物問題説、金銭問題説などが挙がっています。

 

2016年シーズンから横浜DeNAの監督に就任することが発表されています。

スポンサーリンク

 - スポーツ