次男の扱い よしの徒然なるままに 「改訂版徒然日記」

次男の扱いで育った管理人よしが、次男目線で日々の出来事から気になることを書いていく日記です。

*

FC東京の丸山祐市の彼女は?プロ入り前にU22代表にも!

   

Pocket

追加招集でつかんだチャンスをモノにしてほしいですね。

スポンサーリンク

丸山祐市ってどんな人?プロフィールは?

丸山祐市選手は東京都出身のプロサッカー選手ですね。

現在はFC東京に所属していて、主にセンターバックや左サイドバックで出場しています。

1989年6月16日生まれの、現在26歳ですね。

 

身長は183cmで体重は74kgです。

センターバックとしては小柄とは言いませんが、決して大柄な選手ではないですね。

 

サッカーを始めたのは4歳の時だそうです。

中学時代はFC東京のユースチームであるFC東京U-15にてプレーし、この時にトップ下から左サイドバックにコンバートされたようです。

高校は國學院久我山高校に進学しサッカー部に入る物の、靭帯損傷など怪我に泣かされ目立った活躍は出来ず、全国高校サッカー選手権でも東京都ベスト8の結果に終わっています。

 

このため、大学は明治大学なのですがスポーツ推薦ではなく指定校推薦で進学したという苦労人ですね。

明治大学と言いますとやはり有名なのは長友佑都選手ですね。

他にも木村和司さんや、なでしこジャパンの監督である佐々木則夫監督なども明治大学のサッカー部出身です。

 

大学では1,2年生時にはほとんど試合に出られなかったそうで、この頃はプロになるということをあまり意識出来なかったそうです。

大学3年生時にレギュラーを獲得すると、センターバックとして関東大学1部リーグ制覇に大きく貢献する活躍をしました。

この活躍により大学生ながらロンドンオリンピックを目指す世代別代表にも招集されましたね。

 

左足の精度が非常に高く、大学時代にはほとんどのプレースキックを任されていたようですね。

湘南ベルマーレ時代にもフリーキックから得点を挙げています。

スポンサーリンク

世代別代表に呼ばれたことにより、明治大学卒業後は複数のJリーグのチームからオファーがあったようです。

その中でも当時FC東京にいた日本代表のセンターバック今野泰幸選手の影響でFC東京を選んだそうです。

しかしながら、丸山祐市選手が加入する2012シーズンを前に今野泰幸選手はガンバ大阪に移籍してしまいました…。

 

FC東京時代はルーキーということもあり、なかなか出場機会に恵まれず公式戦は3試合の出場に留まっています。

2014シーズンに湘南ベルマーレに期限付き移籍します。

つまるところ武者修行ってやつですね。

 

湘南ベルマーレでは通年のインターセプト及びボール奪取数でチーム最多を記録するなど守備に貢献するだけでなく、速く正確なフィードを放つことで一気に攻めあがる湘南サッカーの起点となり攻撃でも貢献します。

この湘南ベルマーレでの活躍が評価され、2015年よりFC東京に復帰を果たしています。

 

そして、2015年9月3日と8日に行われるロシア・ワールドカップアジア二次予選に、浦和レッズの槙野智章選手の怪我による追加招集という形ではありますが招集されています。

出場すれば初のフル代表出場となりますので、このチャンスを生かしてほしいですね。

彼女はいるの?

少し調べてみましたが、全くと言っていいほどわかりません。

丸山祐市選手は笑顔がさわやかな好青年!って感じですので、大学時代はかなりモテたのではないでしょうか?

明治大学のサッカー部でレギュラー、関東大学1部リーグ制覇と結果も出していますので学生時代は憧れの人だった人も多いのでは?

しかし、サッカーに忙しく彼女を作っている余裕もなかったかもしれませんね。

まとめ

丸山祐市選手は明治大学出身の、現在FC東京に所属しているセンターバックです。

大学時代にはロンドンオリンピックを目指す世代別代表に招集された経験があり、2015年9月3日と8日に行われるロシア・ワールドカップアジア二次予選のメンバーにも入りました。

 

丸山祐市選手の彼女は全く情報がありませんが、大学時代はかなりモテたのではないでしょうか?

しかしサッカーに忙しく、そんな余裕はなかったかもしれません。

スポンサーリンク

 - スポーツ