次男の扱い よしの徒然なるままに 「改訂版徒然日記」

次男の扱いで育った管理人よしが、次男目線で日々の出来事から気になることを書いていく日記です。

*

紫吹淳のばあやの旦那や子供情報!元はファンクラブの代表で給料無し?

   

Pocket

旦那の理解が凄いですね。

スポンサーリンク

紫吹淳ってどんな人?

紫吹淳さんは群馬県出身の女優です。

1968年11月19日生まれの、現在47歳ですね。

元宝塚歌劇団月組トップスターでして、本名は棚澤理佳(たなざわりか)さんです。

 

1986年に宝塚歌劇団に入団していますね。

星組の「レビュー交響楽」にて初舞台を踏んでいます。

そして同年5月に、当時強豪がひしめいていた花組に配属となっていますね。

 

花組配属後はダンサーとして活躍しており、、「スパルタカス」新人公演で初主演となります。

以降は男役スターとして経験を積むことになります。

 

1996年に星組に異動し、1997年には月組に異動しています。

2000年6月に各組の2番手・3番手と共に専科に異動しており、同年6月には専科生としてベルリン公演に主演しています。

2001年5月に真琴つばささんの後任含みとして月組に戻り、同年7月に月組トップスターに就任しています。

 

そして、2004年3月「薔薇の封印-ヴァンパイア・レクイエム」を最後に退団しています。

2004年4月に現事務所のオスカープロモーションへ所属し、「女優宣言」を行い芸能活動を新たにスタートしていますね。

ただしディナーショーなどの場では、従来のように男役も演じています。

ばあやの旦那って?子供はいるの?

紫吹淳さんは47歳という年齢ですが、料理や公共料金の支払い、ATMの操作、掃除、銀行振込などが出来ないと語っています。

これには「ばあや」と呼ばれる方の存在が大きいようですよ。

この「ばあや」というのは菅由美子さんという方のことでして、紫吹淳さんの宝塚時代の18年間を支えた方なんだそうです。

 

そもそも宝塚は厳しいことで有名であり、昔は「花嫁修業」が出来るとも言われていたようですよ。

そんな環境にも関わらず、なぜ紫吹淳さんは身の回りのことが何も出来ないのでしょうか。

 

その理由の1つには、紫吹淳さんが15歳で宝塚に入団したことが挙げられるようですね。

高校卒業時に入団してくる方が多いようで、同期の中でも紫吹淳さんは一番年下だったようです。

そのため、周りのお姉さんたちが心配して色々と世話を焼いてくれたようですね。

周りの方に恵まれ、身の回りのことを一切することなく生活出来てしまったんだそうです。

 

そして20歳の時にばあやこと管由美子さんに出会い、何から何まで身の回りのことをやってもらっていたようです。

このばあやですが年齢は2015年現在で53歳とのことですね。

紫吹淳さんに出会った時にはすでに旦那さんがいたと言われています。

 

夫がいるにも関わらず、ほぼ全ての時間を紫吹淳さんに捧げてきたと言っても過言ではない状態です。

なんでも紫吹淳さんのお弁当はばあやが作り、ばあやの夫のお弁当は夫本人が作るといった状態だったそうです。

この状態ですので、当然当初は旦那側から不満の声が出ていたようですね。

しかし今では旦那さんも紫吹淳さんを応援しているんだそうです。

ばあやの情熱に根負けしたのかもしれませんね。

 

ばあやと旦那さんの間には子供はいないようですね。

確かに子供がいたらそんなに時間を当てられないですからね。

子供を望まなかったのか、出来なかったのかはわかりませんが、子供がいたら成り立たない関係でしょうから良かったのかもしれません。

ばあやにとっては紫吹淳さんが子供のようなものなんでしょうね。

スポンサーリンク

元はファンクラブの代表って本当?給料は無しだった?

そんなばあやですが、元々はファンクラブの代表だったそうですよ。

宝塚劇団にはマネージャー制度がなく、ファンのみなさんが無償で身の回りのお世話をしてくれていたそうですね。

食事の準備、送迎、公共料金の支払いから掃除洗濯など、何から何まで紫吹淳さんのお世話を無償で11年間続けたそうです。

ですので、当然給料なんてものは貰うことはなくボランティア状態だったわけですね。

 

ばあやこと菅由美子さんは「タカラジェンヌ紫吹淳の熱狂的ファン」だったわけなんですが、ここまで出来るというのは本当に凄いことだと思います。

宝塚を退団した現在もこの関係は続いていますが、今は紫吹淳さんの正式なマネージャーとして事務所に入っており、給料をもらっているようですよ。

ファンだった紫吹淳さんを支え続けていたら仕事になってしまった、といった感じでしょうか。

 

普通の方には中々理解出来ないですが、無償で支え続けた人の正式なマネージャーになったというのは「シンデレラストーリー」とも言えるのかもしれませんね。

まとめ

紫吹淳さんを支え続けているばあやですが、ばあやには旦那さんがいます。

ばあやには子供はいないようです。

 

元々はファンクラブの代表をされていた方で、当初は無償で世話を続けていたようですね。

現在はマネージャーとして給料をもらっているようです。

スポンサーリンク

 - 芸能